ガンダム以来、雑誌「アニメージュが異例の重版

9日に発売された徳間書店の月間アニメ誌「月刊アニメージュ」2月号が重版されるそうだ。女性アニメファンから支持を集めているテレビアニメ「おそ松さん」の表紙や特集、付録のミニクリアファイルセットが人気で、売り切れ店が続出し、定期刊行の雑誌では異例の重版が実施されることになったという。同誌が重版されるのは、「機動戦士ガンダム」のマチルダが表紙を飾った1980年3月号以来、約36年ぶりとのこと。重版分が店頭に並ぶ時期などは今後、公式サイトなどで発表されるという。
「おそ松さん」のポスターが付録の月間アニメ誌「PASH!」1、2月号もそれぞれ重版されたことも話題になっており、アニメ誌は”おそ松バブル”に沸いているようだ。
「おそ松さん」は赤塚不二夫のマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化したもの。おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれている。櫻井孝宏や神谷浩史ら人気声優が六つ子を演じており、過激なギャグやパロディー描写などが女性アニメファンを中心に人気を集めている。
紙媒体が売れなくなってきている今、思わぬ経済効果をもたらしたおそ松さんブーム。まさか27年前のアニメがこんな形で注目されるとは、赤塚不二夫も思っていなかっただろう。