たまにはダラダラ

後悔することもあるけど、脳にはダラダラすることが良いみたい!
ストレスの多い現代社会・・・。職場に学校に家庭、私たちはさまざまなところで日々ストレスを感じています。
そんな日々に疲れたら、1日ダラダラと過ごしてみるのはいかがですか?ダラダラしすぎは良くないのですが適度なダラダラはリラックス効果があり、身体にとって実は良いことなのだとか。実はダラダラと過ごすことは脳にとって睡眠と同じくらい脳には大切なことなのです。脳神経科学では、脳を十分に働かせたかったら長時間、何もせず、ダラダラとするのがいいということが明らかになっています。やる気が出ない時に一番やってはいけないことは、無理にやる気を出そうとすることです。このように、少し手を抜くということは、睡眠と同じぐらい脳にとって大切なことです。あなたも今週末は何もしないでダラダラと過ごしてみてはいかがでしょうか。

若年性更年期

最近、若年性更年期障害という言葉を耳にすることがあります。その名の通り、若い人を中心に起こる更年期のことで、更年期障害の症状と同じような症状に悩まされるという。
しかし、現代病の一種で、医学的には若年性更年期障害は存在しない言葉であり、症状が現れる一番の要因はストレスや不規則な生活の影響が多いとされている。
女性場合、更年期障害は閉経に先立って訪れることが多い。ほてりやめまい、頭痛などの症状が現れる。若年性更年期障害の場合、この余蘊症状が20代~30代の女性でおこることをいう。疲れやすい、気分が落ち込む、イライラするなどの症状も、更年期障害と同じで若年性更年期障害と呼んでいる。予防をするためには、できるだけストレスを解消し、規則正しい生活を心掛けること。あなたも若年性更年期障害ではありませんか?