錦織圭の凄さ

テニス世界四大大会の一つ、全豪オープンがオーストラリアで行われている中、日本が誇るプロテニスプレーヤーの錦織圭がベスト8を果たした。
錦織圭は現在世界ランク5位。もちろん日本人では初の快挙である。そんな錦織圭はどこがどう凄いのか、こちらでご紹介します。
錦織圭の使い分けは天才的。力強く守るとき、少しリラックスをしているとき、そして足の回転数を上げて走っているとき。この使い分けが凄いのだ。4時間を超えることもあるテニスの試合、ずっと力を入れっぱなしだと体力が持たない。また、ラケットのさばき、動きの魔術師とも言われている。つぎに相手が予想することのできないショットを打つ。錦織圭は相手の意表をつく瞬間的な想像力の豊かさを持っている。また、松岡修造は「ケイコンピューター」と名付けるほど、頭脳でプレーをする。外国の選手が力でプレーをするのとは対照的に錦織圭は頭脳でプレーをするのだ。次回の対戦は世界ランク4位のスイスワウリンカ選手。次も頭脳と天才的な動きで勝ってほしい。